トレーニングのススメ

トレーニング・健康

こんにちは


ひろです。




アキレス腱断裂をしてしまい、縫合する手術が終わり5日目となりました。



入院生活を過ごしたり外泊許可をもらって
家で生活する中で見えてきたことがあります。


結論から言うと
普段からからだ作りで筋力を維持していて良かった。


と言うこと。


この数日で感じた本当の意味での
自分の届けたいからだ作りについて


書こうと思います。


それは、「やっぱり若いって良いわよね」と言う言葉から始まる


入院してすぐ。


病室に行き
車イスでの生活が始まった。


車イスでの生活は
13歳の頃に自転車で起こした交通事故で
入院して以来。



車イスをある程度コントロールできるのは
経験値があるからだと思い込んでいた。


でも、それは違った。

その理由は後ほど後述する。




車イスからベッドへの移動があったのだが



ものすごく看護師さんが心配そうに見守る。
それは、移動過程での転倒リスクなどを考えてだと思う。



それでも、僕的にはケガをしていない左足があるし
両腕があるので、移動は何のこともスムーズに出来る。




その光景を目撃する度に看護師さんたちが
【やっぱり若いって良いわよね〜】
と言う言葉。



初めて言われた時は正直嬉しかったが
何度も言われるうちに違和感を感じるように。




若い、若いと言われるが

実際のところ35歳。



見た目はよく20代と勘違いされるが
生きている時間はしっかり35年である。
いわゆるアラフォーでもある。

昭和59年生まれの子年でチュー。



同い年の有名人だと
・速水もこみちさん
・生田斗真さん
・赤西仁さん
・田中圭さん
・水嶋ヒロさん
・錦戸亮さん


イケメンばかり・・・。
そのほかにも
山田優さん、平愛梨さんも同じ昭和59年組でした。




話が逸れたので戻します。




「若いって良いわよね〜」って言うのは
見た目で言割れているのではないか?



そう思っていたのだが


よく考えてみると
実はそうではなかったことに
ハッと気付く。






「若い」と言われるその要因

若いと言う印象を与えていたもの


それは










「動き」だったのだ。









前述した車イスでも
車イスを扱う動きが
入院中の他の人と異なっていた。



自分自身の全体重が乗っている車イスを自力で動かすと言うのは
それなりの上半身の筋力が必要なのだ。


また、車イスからベッドへの移動もそうだ。


片足だけでバランスを保ちながら立ち上がる筋力があることで
両手の力はほぼ使わずに済む。


腕の力だけでイスから立ち上がるのはとても大変だ。




そんな中
上半身や下半身にしっかりと筋力があるだけで
立ち上がりや移動といったがスムーズに行えるのだ。




ケガをしたことで見えてきた、筋力を維持することの大切さ


・ギプスをした状態で片足立ちしながら歯磨きをする
・地面に座った状態から掴まる事なく片足で立ち上がる
・ケンケンしながら移動する


これらは、自宅で過ごす中で何気なくやっていた事。


妻からも「えっ。何でそんなことできるの?!」
と言う言葉。



自分自身にとっては当たり前だったものが
他の人から見たら当たり前ではないのだ。




なぜこういったことができているのか。
とく考えてみると



それは



トレーニングによって筋力を維持していたからだ。


トレーニングをすることは〇〇する事が目的ではない

僕の考えるトレーニングの目的は
自分の体を生涯支えることのできる
筋力を維持することだと考えている。


筋肉ムキムキを目指すことではない。


ちなみに
僕は腹筋も割れていないし
筋肉ムキムキな方でもない。



別に、筋肉ムキムキでなくても
片足のみで地面から立ち上がることもできるし
人間の関節が動く範囲を難なく動かす事ができている。




ある程度走ることもできる(アキレス腱を切るまでは笑)



200キロのスクワットができる事が全てでもないし
100キロのベンチプレスができる事が全てでもない。


地面にお尻をつけた状態から立ち上がったり
イスに座ったり立ったり
片足でバランスを保ったり


何気無い動作を
不安や恐怖を感じずに
無意識に行えるようにする事が
大切なのではないだろうか。




当たり前にできている事を
生涯維持できるようにする事。


50歳になっても、60歳になっても
自分の体を自分でコントロールできるように
自分の意思で自由に扱えるようしていく。


そういった生涯もののからだ作り
僕の考えるからだ作りなのだ




夏だけ筋肉ムキムキにしたところで
トレーニングをやめてしまったら
元の状態になってしまうのは
トレーニングや筋肉の特性だから
当然のこと。



体にとって本当に大切なことは
良い状態を維持すること。



見た目だけでなく
からだの内側から健康である事



そう言うからだ作りが
本当の意味でのからだ作りではないだろうか。







今回も
最後までご覧頂きありがとうございます。



/////////////////////

10月24日は
『からだの相談会』


からだにまつわる相談ができる相談会。
参加者募集中です。


・ケガの後、スポーツをすると痛みがぶり返してしまい困っている方
・趣味やスポーツを痛みや違和感なく続けていく為に必要なトレーニングを知りたいと考えている方
・一生涯動けるからだ作りをしたい方

詳細はこちらをご覧下さい

メルマガ会員限定セッション情報もあります。

今よりも良い状態を目指す方
一生涯動けるからだ作りに興味のある方は

ひろが考える健康に関わる情報やトレーニング
コンディショニングの方法などが受け取れます。


登録した後でメルマガ必要なかったなぁと思う方は
購読解除は1クリックでできます◎

ブログやSNSでは書けないことも
書いています笑

是非登録してくださいね!





タイトルとURLをコピーしました