一年目の時に失敗しないためにしておいて良かったことベスト3

トレーニングや身体を通じたセッションであなたらしく生きる身体作りを提供しています。

ライフコンサルティングトレーナーの髙野です。

 

トレーナー活動を始めて13年。
個人事業主としては今年で8回目の確定申告になります。

そんな僕が学校卒業後、

一年目の時にしておいて良かったなぁと思うことについて書きます。

何もかもが初めてづくしですよね。

資格取得直後だったりでとても不安もあるし。

 

 

そんな一年目の皆さんにとって

僕の経験が役に立つこと祈っています

 

一年目に失敗しないためにしておいて良かったことベスト3

 

第3位:一人暮らし

僕は、国家試験の約1ヶ月前に家を出て一人暮らしを始めました。
周りの知人は『普通は大切な試験の前にそういうことしないでしょ』って。

そうね〜、でも、良いんです。結果、合格しましたし。

それに、行動してみなきゃわからないじゃないですか。
僕は、勉強を始める前に片付けをし始めて止まらなくなるタイプだったので
引っ越しすることで一気に片付けられたし、最低限の荷物で移動したので

集中する環境は確実に作れました。

そして、一人で暮らしていく=稼がなきゃならない

 

学生気分が抜けた状態になれたので、卒業後の稼ぎた方をすごく考える時間を持つことが出来ました。

 

一人暮らしを始めたことで

・賃貸契約の方法を学ぶ
・相場を気にしなくても良い物件に出会うことは可能
(当時住んでいた物件は都内の23区で最寄り駅から徒歩7〜8分。歩いて30秒でスーパー。歩いて1分でコンビニ。1Kで風呂トイレ一緒でしたが家賃6万円以下。敷金礼金0)

・自炊の大変さを知り、親に感謝することが増える
・インフルエンザの時は本気で大変だったけど、なんとかなるもんだ。と知る。

 

 

第2位:本を沢山読む

「知識はセンス」と言われるくらい、知識があるのと無いのとではやはり違いが出てきます。

専門書だけじゃなくても良いんです。

小説だって、ビジネス書だって、もちろん漫画だって。

 

文字に触れる、慣れておくことは試験勉強で文字を見るのも書くのも苦手だーって人ほどオススメです。

そして、読んだ本を本棚にしまいながらスペースが少しづつ少なくなっていくと

自分はこんなに本を読んだんだなぁと自信が出てきます。

 

自分の行動に自信が出てくると、次のステップに進めます。

 

仕事で自分よりも年齢が上の方と会話をする機会があった際に、ひょんなことから本の話題が出たりもします。

そして、同じ本を読んでいたり、話題がお互いに共通するものがあるだけで親近感が生まれ、仕事にもつながることがありますよ。

 

少しづつセミナーや勉強会行くようになったときにも

文字を追うことで一杯一杯にならずに済むので

本を読むことは本当にオススメです。

 

 

第1位:セミナーに行って実際に体験し、繋がりを作る

 

例えば、皆さんだったらどちらの先生に教えてもらいたいですか?

A先生

本をすごく読んでいて知識が豊富。でも人に教える経験はしたことがない

B先生

A先生よりは知識は少ないが、とにかく経験豊富でたくさんの人に教えることをしてきた

 

あなただったらどちらの先生に教えて欲しいですか?

 

本でも確かに知識は手に入りますが、そこから学んだものを自分で実際に経験し、

次へのステップに昇華するかがとても大切です。

 

セミナーや勉強会に参加し、自分の知識を経験に変え

さらに良くするためにはどんなことをするべきなのかを考えること

 

これがとても重要なことです。

 

そして、その勉強会やセミナーには、自分と同じようなことを学びたいと考えている人が集まります。

目的が似ている

または

同じである可能性が高いです。

 

情報を交換できたり、今後の仕事の上で繋がることもありますので、積極的にコミュニケーションを取れると良いですね。

さ、まずは、動いてみよう。

 

 

【ランキング番外編】

惜しくもランキングには入りませんでしたが。

一年目でやっておいて良かったこと。

 

それは、【名刺】を事前に作っておくこと。

取得したい資格を記載した名刺を先に作っておくことで

取得したときにどんな形で相手と名刺交換をするのかイメージができるので

取得している前提で勉強も生活も進みます。

 

人って、やるつもりで行動すると

あっさり出来てしまうものなんですよね。

 

あなたにも、そんな経験ありませんか?

お問い合わせページ
お名前をフルネームでご記入下さい
ご連絡の取れる電話番号の記入をお願い致します (例 09087654320)
クリックして該当するものをお選び下さい
お問い合わせの内容の詳細についてこちらにご記入下さい
タイトルとURLをコピーしました