膝の痛みが出やすい人の3つの特徴〜そのいち〜

自己紹介

10月に入り、一段と冷える朝晩が増えてきましたね。

湯船に入って温まることで
緊張が解れ
リラックスする状態にもなり

1日のリセットを行うことで
睡眠の質を上げてくれて

頭がスッキリするので
本当におすすめです!


忙しいときこそ
体を休める時間を
是非意識的に
とってあげてくださいね。


膝の痛みが出やすい人の特徴があるのをご存知ですか?


①体重増加に焦り、ランニングを始める人

②片足でしゃがんだり立ったりが難しい人

③足首のねんざを複数回繰り返した人

今日は
①の体重増加に焦り、ランニングを始める人
がなぜ膝に痛みが出やすいのか
についてお伝えします。

通常の歩行では
『1歩』歩くごとに
膝には体重の4倍ほどの負荷が掛かります。

60キロの体重で
なんと240キロの重さが
掛かっているということなのです。

歩くだけでそれだけの負荷が掛かっているなんて
想像できないですよね。

ということは
体重が5キロ増えれば
負荷は4倍になるので
20キロも増えることになります。



我が家の6歳の長男が
24キロくらいなので
相当ですね・・・



しかも、これ
『歩いた場合』なんです。



走ると
負荷は7倍になります。



60キロで420キロ
5キロ増えたら455キロ・・・

もう少し増えたら
軽自動車並みの重さです。

余談ですが
軽自動車の一番軽いもので
610kgだそうです。



歩いたり、走ったりしているときに
一番膝を支えてくれているのは
筋肉たちなのですが

その筋肉たちって実はとても成長が遅いんです。

なので
最近太ったーっていいながら
いきなりランニングやジョギングを始めると

重くなった分の負荷を支える筋力が足りないので
膝にはいつもよりも多くのダメージがかかります。

なので、もし有酸素運動を始めるなら
まずはウォーキングがおすすめ
です。

そして
ウォーキングと並行して
下半身のトレーニング
をすることで

負荷の増えた膝を支える
筋力を増やしながら
有酸素運動ができるので

もし
体重が増えたから
ジョギングでも始めようかな

と思っていたら

負荷がかなり増えていることを
思い出してもらって

まずは
歩く「ウォーキング」から
はじめてみてください。


下半身のトレーニングも
スクワットや
ヒップリフト
と言われる

自重でできるトレーニングで
フォームを意識して行うことで
効率よく体を使えるようになりますよ!




このトレーニングは
明日から始まるライブトレーニングでも
行なっていきますよ!

一緒にトレーニングしてみませんか??
詳細です↓↓

今月のテーマは
『足の裏で地面を感じる』

足の裏で地面を押す
この動作ができるだけで
歩く・走るが楽になります。

足の裏で地面を押せるようになると
お腹周りや内腿にも力が入りやすくなるので
姿勢改善への第一歩にもつながります。

ライブトレーニング開催日

実施日は
①10月9日
②10月16日
③10月23日

それぞれ20時〜
30分間で行います。

1回よりも
2回、3回と続けていただくと
体の筋肉のスイッチが入りやすくなり
トレーニングの効果も実感しやすくなります!

参加希望の方は
⇨⇨⇨⇨⇨⇨⇨⇨ こちら ⇦⇦⇦⇦⇦⇦⇦
にご登録下さい!

そして、登録完了後
こちらの支払いをお願いいたします⇩⇩

PayPal.Meを使用したからだ創造スタジオOHANAの支払い
paypal.me/ohanakoshigayaにアクセスして金額を入力します。PayPalなので、より簡単かつ安全です。PayPalアカウントをお持ちでない場合心配ございません。

ご入金が取れ次第
ライブのアクセスURLをお送ります

お申し込みは前日の20時までですので
よろしくお願いいたします!

一度お支払いいただいた場合
お客様都合によるキャンセルでのご返金ができませんので
ご了承ください。

最後までご覧いただき
本当にありがとうございます!


コメント

タイトルとURLをコピーしました