苦手・怖いという感情は、得体の知れないものだから。

パーソナルセッション

こんにちは。

ひろです。


今回もご覧いただき
ありがとうございます。

先日、日焼け止めを塗り忘れたら
ご覧の通り真っ黒。。。

物凄いスピードでメラニン色素が
黒く定着するのが僕の特技。
と言っても過言ではありません。

メルマガ登録お願いします!

トレーニングや僕に関して
もっと知っていただきたい。


僕が目指すのは
【好きなことに没頭できる健康的な状態】


心も体も健康なことで
行動力も上がり
笑顔も増えます。

一人でも笑顔の人を増やして
日本を元気にしたい。



メルマガ登録者数100人目指しています!
現在2人。
あと98人の方に登録していただけるように
応援よろしくお願いいたします!



苦手・怖いという感情は、それ自体をよく知らないから

今年の夏


子供達と一緒に過ごす時間を
多くとりました。


それは、今しかないから。


仕事の両立もしながらという
今までにないチャレンジもしました。



新しいことにチャレンジするとき
正直、怖いです。



その先が見えないから。




そう。
先が見えなくて
何があるかわからないから
怖い。



得体の知れないものがあると

苦手意識や
恐怖を持って
それを見ようとする。



これは
人間の本能だから仕方がない。



だから
知る・知ろうとする作業が大切になる。



水に顔をつけることすらできなかった小学生時代

僕、今でこそ趣味でサーフィンをしていますが
小学生時代は
全く泳げませんでした。

毎夏、水泳の補習があり
それはそれは憂鬱でした。


泳げない理由を挙げるなら
小さい頃から年中鼻炎を患っていたことで
中耳炎になりやすく

当時は飲み薬などがほとんどなく
治療となると
鼓膜の切開による膿の吸引。



鼓膜に小さい穴を開けて
そこから膿を取り出すため


治療後はしばらくお風呂に入るのも
耳栓が欠かせませんでした。



耳鼻科医からプールに入る許可が出るまでは
プールも入れないため
見学になることが多く


水に慣れる機会が
他の子達より少なかったことが
上手く泳げない原因だったのだと思います。

水は怖くないことを知るきっかけ

そんな僕も高校生になって
ある程度
自力で泳げるようになりました。


陸上部に所属していたのですが
心肺機能を高めるトレーニングとして
夏は学校のプールで練習することが多かったのです。



そのトレーニングでよく行われたのが
水球(足がつく状態ですが)
遠泳(途中で足をついたりウォーキングでもOK)と
鬼ごっこ



これがめちゃめちゃきつい。
もともと泳げないから
鬼ごっこなんて
いつまでも捕まえられない。


でも負けるのや諦めるのは
嫌いなんで
とにかくダイブして捕まえようと
繰り返していました。


すると
いつの間にか泳ぎながら
追いかけることが出来るようになっていたのです。

そして今ではなぜ水が怖かったか分かる

なぜ水が怖いのか

それは



水中では呼吸ができない

・水中では目を開けられない

・水中では何も聞こえない

・水中では浮かぶことができない



思っていたんです。


しかし気付いたんです。



水中では呼吸はできないけど
吐く事はできることを

目を開けても平気なことを(ゴーグルするし)

意外と音が聞こえることを

浮かぶには力を抜けばいいことを


高校の時に
これらを知ってからは


恐怖心はすごく減りました。

子供達は知ろうとする能力がとにかく高い

子供達は
何も知らずにこの世に生まれ

何を話しているかわからない言語を
そのまま受け入れ

彼らなりに表現をし始め
言葉として発する

そして歩けるようになれば
その辺にあるものを

掴み
舐め
振ったり
叩いたり

感触を感じたり
重さ
硬さ

色々な事を知ろうとする。


5歳や3歳の息子たちも

いまだに
好奇心が旺盛です。


でも
未知なるものには
一瞬躊躇するようになりました。


見た事ない
知らない虫を見つけた時は
いきなり触ることがなくなりました。

まずは棒で突っついてみて
葉っぱに乗せてみて


動きを観察する
何か変なものを出してこないか
突然襲いかかって来ないか



何度も同じ事を繰り返し
観察し
自分たちの知識として


この虫は安全だ。

という事を覚えていました。



好奇心が旺盛である事は
時にケガなどもしますが

この好奇心がある事は
彼らにとって
知らない事を知ろうとする原動力でもあり
成長の過程でとても大切な事だと

この夏、特に感じました。

やってみながら大丈夫だという事を知る事

何かを始める前や
知らない事を知ろうとする時

どうしても
ドキドキします。
緊張もします。


でも、それは誰しもが持っている感情です。
恥ずかしいことなんて一つもありません。



もし
怖い。
いやだ。
といった感情が出てきた時には

ぜひ調べてみてください。

調べるという行動によって
少しづつわかるようになり
知識は安心に変わります。


そして少しづつ
やってみてください。


行動
あなたの人生にとって
より輝けるものを
見せてくれるはずです。


トレーニングセッション受付中

より好きなことに没頭できる健康的な状態を
手にして
笑顔の日々を過ごしませんか?


痛みや違和感を解消し
予防していくことで
あなたの時間や機会は守られます。


あなたの貴重な時間
好きなことに没頭する時間を

トレーニングによって作りませんか?


体験セッション受付中です。
トレーニングの詳細はこちら

お名前をフルネームでご記入下さい
ご連絡の取れる電話番号の記入をお願い致します (例 09087654320)
クリックして該当するものをお選び下さい
お問い合わせの内容の詳細についてこちらにご記入下さい

コメント

タイトルとURLをコピーしました