サポーターやテーピングをする際に意識して欲しいこと

パーソナルセッション

こんにちは。




ひろです。




今回もご覧いただきありがとうございます。


サポーターやテーピングをする際に意識して欲しいこと



痛みがあり
サポーターやテーピングをして
競技を続けている。



という方も多いのですが



是非、知っておいて欲しいのは
テーピングやサポーターは補助であり



あくまで
サポートを目的とするものである
ということ。



サポートが必要な体ということは
万全な状態とは言えず



少なからず
痛みがあったり
不安を持っていたり
するのではないでしょうか。




そこで今回は
サポーターやテーピングが
欠かせない方向けに



サポーターやテーピングと
上手くお付き合いする方法を
お伝えします。


サポーターやテーピングの目的を持ちましょう

よく
スポーツ現場や
部活動のサポートをしていると


「テーピングを巻いて欲しい」


と依頼を受けます。



その時は
もちろん巻きますが


初めての方には
聞くことがあります。




「何を目的に巻くのですか?」




この話をした時に

「なんとなく」
「いつも巻いているから」



といった答えが
返ってくることもあります。





その場合の多くは
巻いて欲しい本人も
なぜ今テーピングが必要なのか

目的が理解できていない事が多いです。



でも、これは本人が悪いわけではなく


サポーターやテーピングをする
目的や意味を知る機会が少ないというのが
現状だと思います。



そこで今回
少しでもテーピングやサポーターをする目的を
明確にするきっかけにしていただければと思い
書きました。





テーピングやサポーターをするということは

足や膝などをひねったり
肉離れなどを

経験している方が多く


最初のうちは
再発予防や
痛みの軽減といった


手段の一つとして
テーピングやサポーターを
選択していたのだと思います。




補助し続けると衰えていく筋力

サポーターやテーピングというのは
とても素晴らしいツールの一つですが


サポート(=補助)が目的のため

闇雲に使い続けているだけでは
本来の体の機能(筋力や柔軟性など)は
失われてしまいます。


足首の場合


良く相談を受けるのが
足首の捻挫(ねんざ)によって
サポーターを長年使用していた時に

外す事が怖くなるケース。



これは
足首を動かす時に必要な筋力や
立った時にバランスを司る機能が
低下してしまっている場合が多いです。


【つま先立ち】や【かかと歩き】を行い筋力を補う


【つま先立ち】や【かかと歩き】を

テーピングやサポーターを使用する前に行う事で
筋肉などに刺激が入り
筋力低下を予防してくれるので
オススメです。




【つま先立ち】

転倒を防ぐために
壁や手すりなど
掴まれるものの近くで行います。

階段など段差のあるところでも
捕まる場所があればOK。


両足を腰幅程度に開き
足の裏全体を地面につけてから
足の指を曲げずに

かかとを上げていきます。


この時
終始、足の指が曲がらないように
意識してみてください。


そのまま、かかとの上げ下げを
15~20回を3~5セット行います。




両足で出来るようになったら

片足でもチャレンジしてみて下さいね。



【かかと歩き】




かかと歩きとは
つま先を上げた状態で
かかとで歩く、歩き方です。


つま先を上げた時に
指先は曲げた状態
かかと歩きを行います。




左右交互に15回〜20回腿上げするイメージで
3〜5セット行なってください。




個別の相談は是非体験セッションにお越しください

一人一人の体は違うので
あくまで一例として
紹介させていただきました。




少しでも誰かのためになれば嬉しいです。



痛みや違和感を改善・予防し
好きなことに没頭できる
健康的な体つくりをサポートしています。



現在
体験セッション受付中です。

セッションの詳細はこちら



好きな事に没頭できる
健康的な体つくりについて
僕の想いをメルマガでもお伝えしています。

ぜひご登録お願いします。


お名前をフルネームでご記入下さい
ご連絡の取れる電話番号の記入をお願い致します (例 09087654320)
クリックして該当するものをお選び下さい
お問い合わせの内容の詳細についてこちらにご記入下さい


コメント

タイトルとURLをコピーしました