【髙野浩幸が今この仕事をしている理由③】

ブログ

こんにちは

セッションを通じてあなたが【自分らしく生きる】ためのサポートをしています、ライフコンサルタントトレーナーの髙野です。

僕はトレーニングを通じて動きやすい身体作りを提供しています。

アスレティックトレーナーの資格取得を目指して、専門学校に入学し最初に当たった壁があります。

 

それは、授業の内容が難しい。

最初の頃はとにかく難しくて内容を理解するのが大変でした。

 

今と違って本を読むことも得意ではなかったので、最初のことは本当に苦労しました。

 

一番苦手だったのは機能解剖学。

今まで見たこともない漢字だらけの教科書に鳥肌が立ったのは今でも覚えています。

 

そんな今では、その機能解剖を生徒に教えている立場

苦手意識があったからこそ
学生時代にこんな感じで教えてもらえたら覚えられたなぁを意識して授業をしています。

 

 

アスレティックトレーナーを目指している中で初めての実習は

社会人のアメリカンフットボールチーム。

 

そしてそのあと、ラクロスの実習に出会います。

 

この出会いは、僕のトレーナー人生においてターニングポイントとなる実習でした。

 

当時、この実習先にはヘッドトレーナーという肩書きのトレーナーが現場にはおらず
先輩トレーナーがいました。

 

 

先輩トレーナーがいた時の一年目は右も左も分からずにとにかくがむしゃらにやっていました。

そして先輩トレーナーが卒業してからは、よりがむしゃらにやっていました。

 

 

本当に沢山の経験をしました。

沢山の失敗もしました。

 

そして学校を卒業するのと同時に現場実習も終わり、最後の挨拶をしにチームへ。

すると選手たちは卒業時に

「居てくれたから本当に助かった」「あなたのお陰でラクロス続けられた」「怪我の復帰が早くなった」

と、沢山の労いの声をかけてくれました。

 

この言葉を聞けた事が本当に嬉しくて

とにかくがむしゃらに頑張って良かった!

アスレティックトレーナーの勉強をして良かった!

と感じていました。

 

僕がアスレティックトレーナーの資格を取得するのはその後5年ほど経ってからになりますが

現役合格が難しかった当時、諦めずに勉強を続けられた理由は

「スポーツをする選手やそこに携わるスタッフ、応援してくれる人たちの笑顔が見たいから」

でした。

 

トレーナーの専門学校を卒業後

1年間は接骨院でテーピングやストレッチを提供するアルバイトや

スポーツクラブのインストラクターをし、スポーツの現場に出続けて居ました。

 

そんな中で、ラグビーの現場に携わる事が多くなり

現場で起きる怪我に対しての応急処置に関して知識がもっと必要だと感じたために

柔道整復師の資格を取得するために専門学校に通います。

 

アスレティックトレーナーの資格取得と並行して柔道整復師の勉強もし

両方の資格を無事取得。

 

接骨院の院長を経験したり、整形外科病院にて診察補助や処置の補助、リハビリスタッフとして手術後のリハビリを担当したり。

様々な経験を積み重ねてきました。

 

 

 

そして今は、専門学校の講師の仕事やパーソナルトレーニングのセッションを通じて

あなたがあなたらしく生きる身体作りのサポートをしています。

 

https://takanohiroyuki.com/session-1

__________________________________________________________________

自分らしく生きるコンサルタントをしています。
チームへの講習会やセミナー、個人セッションなどのご依頼も受け付けています。

トレーナーとしても経験や知識を活かした怪我のしない身体作りや動きやすい身体作り、自分自身の個人事業の経験などから得られた仕事との向き合い方や考え方、時間の使い方などのコンサルタントを行なっています。

自分らしく生きるとは、正直に素直にいられること。

あなたのしたいこと、やりたいことが出来るように、セッションを通じて身体と心を整え、より動きやすいからだ作りを提供しています。

動きやすいからだは、あなたの望む未来へ連れていってくれるから。

 

セッションのお申し込みやお問い合わせはこちらからどうぞ。

また、トレーナーやインストラクターとなって社会人1年目〜5年目を対象にした技術系の勉強会も開催してます。
情報などはこちらのページからアクセスしてください。

公式twitter →  hirojuillet

公式Instagram→  hiro_takajapan

公式Facebook→  https://www.facebook.com/hiroyuki.takano2

 

タイトルとURLをコピーしました