15年間で初!

トレーナー活動

こんにちは。

心と体を満たすきっかけを

トレーニングやヨガ、セミナーを通じて提供しています。

パーソナルトレーナーのひろです。

今日は、トレーナー活動を始めてから

初の「越谷で活動するママさんチーム」へのセッションでした。


ずっ〜〜〜〜〜と
地元越谷のチームに対して活動したかったので
本当に嬉しい!


外はあいにくの雨でしたが
僕の気持ちはハワイより暑かった。

ドキドキで
久しぶりに寝付くまでに時間がかかりました。


それくらいワクワクしてました。

現地に到着し初めて入る

越谷第一体育館。



地元で、まさかの実家から徒歩圏内の場所が

越谷初のセミナー会場!

感慨深かったです。


そんな事も感じながら

セミナーの準備をし

始まりました。



今回行わせていただいた内容は

ケガの予防と動きやすさをアップさせる
ウォーミングアップとクールダウンについて


アップの意図や実際の動き方
クールダウンの効果的な方法を中心に

レクチャーさせていただきました。



結論。
控え目に言いますが

すっ〜〜〜〜ごい楽しかったです。



皆さんの表情の変化に始まり
動きやすい!
呼吸しやすい!
えっ、軽い!?

お伝えしていて
ニヤニヤが止まりませんでした。

そしてお届けできてよかったなぁと
心から思いました。




今回のセミナー前日は
越谷FBCさんは
試合だったこともあり
皆さんいい具合に筋肉痛だったようですが


筋肉痛の状態でも
適切な刺激を加えると
身体の動きは驚くほどスムーズになるという事も
実感して頂けたと思います。



ウォーミングアップの目的では
意識して欲しい骨や関節を事前にお伝えし
実際に触ってみたりも。

・肩甲骨(けんこうこつ)ってどんな大きさですか?
・背骨(せぼね)ってどこからどこまでか触れますか?

といったお話をしながら
今まで無意識だったものを
意識してもらいました。



ストレッチのお話をした際も

ダイナミックストレッチ(動的ストレッチ)という言葉を
初めて聞いた方がほとんど。

実践も初めての方が多くいらっしゃいました。


初めて見る動きも見よう見まねで
皆さん楽しそうにやって頂き
終始和やかな時間。

ウォーミングアップの目的の一つに

心拍数を上げる(心臓を早く動かせる状態にする)
というものがあり


スポーツをする上ではこの目的は
とても重要なものの一つです。


心拍数は、自分で測る事も出来る
強度の見える化が可能なツールです。

実際に自分の体にとって
今の状態は適切なのか否かを
感覚以外に客観的に調べることが可能だからです。


今回の皆さんには
(220-年齢)×0.7~0.8の数字を
目標心拍数として提案させて頂き

実際にウォーミングアップ後
計測をしてもらい
ほとんどの方が予定数値に到達していました。




初めての動きも多く
頭と体を同時に使うので
皆さん疲れもある中でしたが

口々におっしゃって頂けた
「こういうの楽しいね」
というお言葉。


僕、地獄耳なので
しっかり聞こえていました。笑


楽しむってすごく大切ですし

やりながら体が変化していく面白さも

このウォーミングアップの魅力だと思います。




クールダウンのお話でも
タオルを使った
脱力した状態でできる
ストレッチの実践。

こちらのブログでも書いてるストレッチを中心に
クールダウンは行いました。

https://takanohiroyuki.com/diary-55/

クールダウンでは

交感神経が優位になり
興奮している状態の体を
リセットすることが目的となる為


反動などは利用せずに
じっくりと筋肉たちを伸ばすことを
お伝えしていきました。


1回で伸ばす時間を30秒程度にし
呼吸をゆっくり繰り返しながら
ストレッチを行う事で

交感神経優位の状態から
副交感神経優位の状態へと変化し

心臓の動きも徐々に落ち着いてきます。

筋肉をストレッチすることが目的ではなく
運動前の状態までリセットしてあげることが
クールダウンの目的となります。


体が温かい状態が
クールダウンのストレッチには
効果的です。

ぜひ意識してみてくださいね。




今回、越谷で活動してる皆さんにお声掛け頂き
本当に嬉しかったです。

ありがとうございました。

越谷のトレーナーといえば
「OHANAのひろ」と言われるようにしたい!


もっと知ってもらえるようにこれからも頑張ります!

今回行ったウォーミングアップとクールダウンの
子供達向けの内容を6月30日にも行います。

スポーツを頑張る子供たちをサポートしたい!
そう考えている親御さん向けのセミナーです。

詳細はこちら

皆さんのご参加お待ちしてます!


お名前をフルネームでご記入下さい
ご連絡の取れる電話番号の記入をお願い致します (例 09087654320)
クリックして該当するものをお選び下さい
お問い合わせの内容の詳細についてこちらにご記入下さい

地元開催だった事もあり

参加していただいた娘さんが

僕の出身高校に通っていらっしゃったり

専門学校の後輩だったり

共通の知り合いがいたりと

話がすごく盛り上がる。


本当に、楽しい時間でした。


タイトルとURLをコピーしました