モチベーションが上がったり下がったりすることありませんか?

ブログ

こんにちは。

ラグビー、サッカー、ラクロス、空手、総合格闘技などの

スポーツ現場でのトレーナー活動や

専門学校講師やセミナー講師などを通じて

トレーナーの育成を行い

整形外科や接骨院にて

ケガや手術後のリハビリテーションを担当し

延べ5,000人以上の身体をみてきました。

僕はあなたのやりたい事や夢を叶える為の

スムーズに動く身体作りをサポートするのが得意です。

パーソナルトレーナーの髙野浩幸です。

 

モチベーションに悩む。

最近、モチベーション上がらないんだよね〜

あら。あんなに最初は頑張るぞ〜って張り切っていたのに。。

なんか、モチベーションの上がる魔法ないかなぁ?

聞いた事ないけど、、、

でも、モチベーションで悩む人って多い気がする。

 

モチベーションって?

そもそもモチベーションってどういう意味なのか

googleや辞典で調べてみました。

 

人が何かをする際の動機づけや目的意識

 

動機づけについてもう少し深掘りすると

動機づけは人間を含めた動物の行動の原因であり、行動の方向性を定める要因と行動の程度を定める要因に分類できる

https://ja.wikipedia.org/wiki/動機づけ

 

要は、人にも動物にも備わっているものということ

 

 

つまり

生きるために食べる

生きるために寝る

生きるために移動する

 

 

という

全ては生きることを【目的】とした行動=モチベーション

という解釈が可能です。

 

 

 

この解釈からいうと

【目的】(モチベーション)は上がったり下がったりするのか??

という疑問が生まれます。

 

上がったり下がったりするものの正体、それは・・・

なんとなくわかったけど。。じゃぁこの上下するものはなんなんだ〜!!

う〜ん。モチベーションが上がったりする時ってどんな時なの?

え〜と。

例えば
・仕事の成果を評価された時
・うまくいった時
・楽しい時
・新しいことを始める時

 かなぁ。

ねぇねぇ。
それって目的(モチベーション)なのかなぁ?

確かに。
目的じゃないね。。

『嬉しい』
『楽しい』
『ワクワク』
って感情だよね?!

確かに〜!!!

 

そう!! モチベーションの上がり下がりだと思っていたものの

 

正体それは・・・

 

 

 

 

 

感情

 

 

だったのです。

 

 

 

 

モチベーションの正体は分かった!あとはどうすれば??

モチベーションとは【目的や動機である】

 

というところまでは理解できました。

 

 

では、気分や感情が上がったり下がったりする原因はなんなのでしょうか?

 

 

それは

 

目的に対して

 

【主観性】と【客観性】のズレが大きいと生まれるものと考えられます。

 

 

例えば

目的を「半年後に函館に旅行に行くために貯金すること」だとします。

 

 

・毎月すっごい仕事を頑張りました

・睡眠時間削りながら頑張りました

・お昼も減らしました

・お酒の付き合いも減らしました

 

 

 

結果・・・

半年後の貯金は3万円也。

 

 

 

 

どうでしょう??

頑張ったのに3万円?!!

 

そうです。

 

これが【主観】と言われるものです。

 

 

 

少し中身を紐解いてみましょう。

今月の仕事はすごい頑張ったぞ〜!

普段より15分早く仕事終わらせて帰ってきてたね。

睡眠時間削ったなぁ〜!

いつもは8時間睡眠だけど7時間睡眠に減らしてたね。

ランチ代も節約したぞ〜!

980円から900円にしたって言ってたね
(1ヶ月で1600円の節約)

 

 

お酒も控えめにしたぞ!

毎月1万円くらいの酒代が1000円ほど控えられたもんね
(毎月1000円節約)

 

 

 

会話からも見えてくるように

【紐解く】ということが

実は客観的に数字で見ていることと同じ意味になります。

 

 

自分では(主観的には)『頑張っている』のに

 

結果的に旅行に行く為の貯金は出来ていない。

 

 

この自分の思っていた予想実際とのズレが大きい時ほど

 

自分のテンションが上がったり下がったりしているのです。

 

テンションの上がり下がりをコントロールするためには?

では実際にテンションの上がり下がりをコントロールするためにはどうすればいいのでしょうか??

 

それは

主観的なものが実際どうだったのかを

客観的に数字で出してみることです。

 

数字で表すことで

「実際の行動」と

「目標に到達する為に必要なこと」を

比較することが出来るので

 

 

目的に対して客観的に今の現在地がわかるようになり

より具体的な行動や目標が生まれるのです。

 

 

 

今回の目標で言えば

『函館旅行に行くために半年で貯金をする』

でした。

 

 

より具体的にするとしたらみなさんはどうしますか??

 

 

例えば

『半年後に飛行機で函館まで行き3泊4日の旅行を夫婦でするために20万円貯めよう』

となったら

目的を達成する為の具体的行動を数字で決めることが出来ます。

 

 

それができれば

あとは実際の行動を実行して

その結果を数字で振り返り

出来たことの確認と

目標までに必要なことの確認を行う。

 

この一連を繰り返すことで

上手くいっていることはどんなんことなのか

逆に上手くいってないのは何故なのか

ということを主観ではなく客観的に見ることができる為

 

目的や動機(モチベーション)に対して

テンションに振り回されることなく

過ごすことができるはずです。

 

みなさんも是非意識してみてくださいね。

お名前をフルネームでご記入下さい
ご連絡の取れる電話番号の記入をお願い致します (例 09087654320)
クリックして該当するものをお選び下さい
お問い合わせの内容の詳細についてこちらにご記入下さい

 

 

タイトルとURLをコピーしました