左胸の痛みで受診。そして、定期的なメンテナンスの大切さを改めて実感

こんにちは。ひろです。


6月に入り、蒸し蒸しする日が増えてきました。

熱中症の予防にはお水での水分補給を是非してくださいね。



1週間ほど前から妻から


『実は、2,3日前から左胸が痛いんだよね・・・
触るとしこりっぽいものがあるんだけど・・・』



と告げられました。


その瞬間

僕の体から血の気が
さーっと引いていって


言葉にできない不安や恐怖が
胸を締め付けはじめました。







『まずは、すぐに病院にいこう』

とにかく精密検査をしてもらおう。

そう告げたのですが





【もしかしたら、、、乳ガンの可能性が】
ということが脳裏によぎり


声が上ずっていたかもしれません。
動揺を隠せていなかったと思います。




妻も今まで感じたことのない痛みもあり
精神状態は不安定。


そんな本人を目の前にして
こちらが不安をあらわにしても何も好転しない。


そう思い平静を装いながら
『とりあえず病院で検査してもらおう』
『きっと問題ないよ』
『疲れが出てるんじゃないかな』


そう言いながら必死になっていました。

ふと、無意識に携帯で

『乳がん』について調べてる僕がいました。


住んでいる地域での乳腺外来の数は少なく
病院に電話するものの、その日の診察はできず
予約を取ってからの受診。



予約をしたものの
胸の痛みは続くようで


検査ができて診断が下るまで
とにかく不安でした。


検査ができる日までたった数日なのに

焦りが増す。






検査当日
不安な状態で一人で病院に行かせるのは
やっぱり嫌だな。



そう感じたので
予定していた仕事は全て翌日以降に回し
一緒に行くことに。



結果的に、この判断はよかったなと
今は思います。


診察が終わるまでの時間

少し時間があったので
子供達と公園に行きました。





子供達も、妻が胸に痛みがあることを知っていたので
不安を強くしないように平静を装いながら

公園でとにかく遊んで時間を過ごしていました。




診察が終わった妻からの着信。


1回目の着信に気づかず
折り返す。




電話を掛ける際に
一呼吸。





電話が繋がり



『どうだった?』
なんとか出た一言でした。










妻からは















『大丈夫だった』


と告げられました。





その声を聞いた瞬間、一気に力が抜けた。





今回の痛みの原因は、ホルモンバランスの崩れや
ストレスなどだとのこと。




もちろん、この一回で安心しきるのは危険なので
経過を見て検診や、セカンドオピニオンも考えています。




とにかくまずは一旦安心。





そして改めて


健康なことはすごく大切なことであると実感しました。


不安な状態を1つでも減らしていくために
定期的に調べることや
定期的にメンテナンスをしておくことなど


意識して、健康を維持する手段を持つことが
より大切だなと実感しました。

あなたが健康でいることは
沢山の人たちが笑顔になります。



あなたが笑顔でいることが
何よりも嬉しいと感じている人がいます。





これからも
運動やトレーニングを通じて
笑顔で過ごせる時間を届けていきます。



人生をより豊かにする
定期的なトレーニングやメンテナンスは
ぜひお任せください。
https://bodycreationcompanyohana.jimdofree.com/training/


自宅で運動不足を解消!
動画トレーニングプログラムも始めました。

⇩⇩⇩⇩⇩⇩詳しくはこちら⇩⇩⇩⇩⇩⇩

最後までご覧いただき
本当にありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました