自分の身体のことどのくらい理解してますか?

トレーニング・健康

こんにちは。

動きやすい身体作りを通してあなたが【やりたいこと】を実現できるサポートをしてます。

ライフコンサルタントトレーナーの髙野です。

 

現在、店舗オープンに向けて準備中です。

店舗開店に向けて〜エピソード4〜
こんにちは。 痛みのない動きやすい身体作りを通してあなたの「やりたい」を応援します。 あなたが「やりたい」こと。 その未来をセッションを通じてサポートしているライフコンサルタントトレーナーの髙野です。 ...

10月27日と28日で完成前の店舗で

ロゴを手形で作るイベントを行います。

⬆️⬆️このような形をペンキを付けた手形で作りたいと考えてます。

両日とも朝10時半〜正午までやっていますので

是非みなさん遊びにきてくださいね。

 

住所:埼玉県越谷市東越谷1-5-17 3階

市役所近く土手沿いにある
焼き肉ヤマトさん隣のビル
2階にknock cofeeさんが入っているビルの3階なります。
最寄駅:東武スカイツリーライン越谷駅 徒歩10分

近くに駐車場はございませんので、お車でいらっしゃる場合は

川向かいにある市役所の駐車場(有料)をご利用ください。

 


先日膝の痛みが取れず

セッションを希望されたクライアントの方がいらっしゃいました。

膝に痛みがあるとのことでしたので

 

セッションを行う前に

まずはセッションが可能な状態か(骨折や靭帯損傷、急性炎症性の痛みの有無)をお伺いし

必要があれば医療機関の受診をお願いしております。

 

今回のクライアントさんの状態をお伺いし

身体の状態チェックしたところ

 

怪我による痛みというよりも

こかんせつ(股関節の筋力低下)と、うで(肩甲骨の動きの制限)に問題がありました。

 

本来使いたい筋肉が使えない状態のため

その動きを補うようにして使っていた他の筋肉が疲労してしまい

結果としてそこの筋肉が硬くなり痛みとして出ていた事が分かりました。

 

今回の痛みはランナー膝や腸脛靭帯炎と呼ばれるもので

陸上選手や走る事の多いスポーツで身体の使い方が崩れている選手に

良く見られる慢性の怪我(スポーツ障害)です。

 

この怪我は予防できます。

それは、痛みには必ず原因があるからです。

 

しかし痛みが出ていない場合でもその予備軍は多く存在しています。

 

今回のケースもそうですが、急に痛みが出るのではなく時間を掛けて痛みが出てくるもの

一回や二回で治すことは正直難しいです。

 

だからこそ

 

今の自分の身体がどんな状態か知り

痛みの出現や動きにくくなる前に

動きやすい身体でい続けることが重要です。

 

僕のセッションは動きの悪くなっている部分へのストレッチ

硬くなっている関節の動きを良くする運動などを行い

硬さや痛みが改善させてからトレーニングを行なっています。

 

それは、関節や筋肉が硬いままであったり動きが制限された状態では

トレーニングを行っても最大限の効果を提供出来ないと考えているからです。

 

自分の身体を良い状態に保つこと。

それは、怪我の予防にも繋がりますし

より動きやすい身体でい続けることにも繋がります。

お問い合わせページ
お名前をフルネームでご記入下さい
ご連絡の取れる電話番号の記入をお願い致します (例 09087654320)
クリックして該当するものをお選び下さい
お問い合わせの内容の詳細についてこちらにご記入下さい
タイトルとURLをコピーしました