ケガ予防におすすめの靴選びのポイント

こんにちは。



スポーツや運動をする靴を選ぶ時に
どんな基準で選んだら良いか
困ったことはありませんか?




友達や知人が履いていたり
オススメされるものを選んだりするものの
なんだか合わなかったり。。


そんな
どんな基準で選べば良いか困っているあなたに
おすすめの靴選びのポイントをお伝えしていきますね!



運動において靴は重要なツール



10年以上前ですが
スポーツトレーナーとして関わっていた
某大学のラクロス部の朝練で
プレーヤー数名が普通のスニーカー(スタンス◯ス,コンバ●スまど)を履いて
グラウンドで練習していました。


土のグラウンドなので
ボールを追いかけていて滑っていたり
方向転換でバランスを崩していたり
見ていてヒヤヒヤ。


近付いて
どうしてその靴を使っているのか声を掛けると


『どんな靴を選べば良いのかわからない』
『今までグラウンドでスポーツをしたことがない』


といった声がありました。



靴は靴でも
目的や体の状態に合った適切なシューズでない場合


・体に負荷がかかり疲労が溜まりやすくなる
・本来の力が発揮できない(パフォーマンス低下)
・足やヒザ、腰のケガに繋がる

といったことが考えられるため


当時のヘッドコーチに相談して
靴選びに不安のあるメンバーを連れて
一緒に靴を買いに行ったことがあります。





靴に求める目的や
自分の今の体の状態に合った
適切なシューズ選びができると



今よりもスポーツや運動がもっと楽しくなりますし
持てる力を発揮しやすくなるだけでなく
ケガの予防にもつながります!


ぜひ靴選びの参考にしてみてくださいね!

今回お伝えするポイントは3つ

①靴のカカトのフィット感


カカトというのは、実はとても大きな足の骨であり
この骨があるから体を支えられていると言っても過言ではありません。

ずっとつま先立ちでいたらすごく疲れますが
かかとが地面についていれば
すごく楽に立てますよね。

それくらいとても重要な部分です。

なので、靴を履いた時に
カカトのフィット感は一番重要になってきます。


試しばきをした際にも

靴ヒモは全て緩めてから足を入れて
靴を履いたままカカトを地面に軽くトントンして
フィット感を感じてください。

その時、フィット感がしっくりくるものを探しましょう。


フィット感がしっくりくれば
靴の裏を地面にしっかりつけ
足首が90度になるようにして
靴ヒモを結んでみましょう。


結び終わったら
立ってその場で軽く動いてみましょう。


その時カカトが
・擦れる
・ずれる

といったことがなければ
そのシューズはあなたに合っているシューズの一つということになります!


②指全体に窮屈さはないか


指というのは
カカトと同じく体を支えてくれるものなので

指先が窮屈な状態だと
体を支えてくれる役割がしっかりと出なくなるため

ある程度自由に動かせる余裕があると良いです。

親指や小指がキツすぎると
外反母趾や内反小趾といった変形につながることもあるため
注意が必要です。


③靴のカカトが硬い靴かどうか

①の選択とつながるのですが
カカトは足にとってとても重要なものなので
靴のカカトを覆う部分が固くしっかりしているものであれば
カカトのサポートはより強くなります。

切り返しや横の動きが多いサッカーやバスケ、ラグビー、テニスなどは
カカトの部分がかなりしっかりと作られている靴が比較的多いですし
カカトが柔らかいシューズもありますが
それらは、割と消耗が早い印象があります。


よく靴のカカトを踏んでいる人も見かけますが
それは靴の機能を台無しにしてしまっているので
靴本来の力を発揮できないだけでなく
靴を履いている人の力も満足に出なくなってしまうため
非常に勿体ないものです。

靴選びに大切な3つのポイントを今回はお伝えしました。


①カカトのフィット感
②履いた時の指の窮屈さがないか
③カカトの部分が硬い靴か


ぜひこれらをベースに
靴を選んでみてくださいね!





_______________________

運動をしているとヒザに痛みがでる
そんなお悩みがある方向けに
解消方法を動画でプレゼントしています。


ぜひ無料なので受け取ってくださいね!

下記バナーをクリックすると受け取れます。

ヒザ痛改善動画プレゼント