僕がアキレス腱を切りまして②

トレーニング・健康

こんにちは。

埼玉県越谷市でパーソナルトレーナーとして
からだ創造スタジオOHANAで活動しています。




ヒロです。

今日は入院の日

え、なんでヒロ、入院したの?!という方は


ぜひこちらをご覧ください。

今日は、診察も兼ねて早朝より病院へ。

最終的に医師の診断を受け



【アキレス腱断裂】でした。


手術を選択した理由

手術をしない方法(保存療法)もありますが


保存療法だとギブスという
石膏のようなもので固める固定期間が長くなり
松葉杖の使用期間も長くなるとのことで


移動が大変な事や
固定期間が長くなる事で
筋肉が弱くなり関節も硬くなる為
リハビリにも時間がかかります。


仕事にできるだけ早く復帰するために
あえて手術を選択しました。



手術をするのにも
デメリットは必ずあり


・今回見たく入院の必要が出る
・手術による感染のリスク
・高額な入院費用

などがあります。



それでも、まずは手術を選択するにあたって

お休みすることを理解いただいた
クライアントの皆様
サポートしている東京大学女子ラクロス部
講師をしている学校関係者
代講を引き受けてくださった皆様

そして、幼い子供二人の面倒を一人で見てくれる妻に
心から、感謝致します。


本当にありがとうございます。





手術後のリハビリについて



なんと手術の翌日からリハビリが始まります。


退院する時にはギプス固定をしたままですが

ギプスのまま歩くことが可能になります。


ただ、手術をしたとしても
自由にフットサルや
バスケなどの競技をする


スポーツ復帰までは

6~8ヶ月は必要だと言われています。


スポーツに復帰するためのケガとしては
前十字靭帯という膝のケガと同じくらい
かなり大きいケガの一つです。



それでも、自分自身の体でリハビリ含めて
諸々の実験ができる機会としては、今から楽しみです!



ケガをしてから想う事


もちろん
ケガを予防する事に
越したことはありません。



予防している=大切な時間や機会を守れる
という意味なので


ケガをして初めて
自由に動けていた当たり前が
どれだけ素晴らしい事か分かります。



・両足で歩ける事
・座ったり立ったりがスムーズにできる事
・お風呂に入れる事
・走れる事


どれだけ素晴らしいことか
今回身にしみて感じました。



だからこそ

僕はやっぱり
健康的なからだ作りを届けていきたい!
そう強く想いました。



痛みが出てから動くのでは、遅いんです。

僕も切れてから思いました。


「あ〜〜〜、大人しくラグビーの試合をテレビ観戦していればよかった」と。



予防している時は
それが当たり前の日常なので気付きにくい。



だからこそ
伝えていきたいんです。



当たり前だからこそ
良い状態を維持する体つくりや
健康的な状態を維持する方法を。


それは
あなたの当たり前を維持するお手伝い。
好きな事に没頭できる健康的なからだ作り。





コメント

タイトルとURLをコピーしました